カートンの箱形成およびエッジクラッシュ強度

14 June 2019

カスタマイズされたエンジニアリングの例

ボックスクラッシュテスト(BCT)は、通常、カートンボックスの平らな側面に軸方向のトップロード力を加えて、倉庫内または輸送中の積み重ねをシミュレートする効果を評価するために使用されます。ただし、「端から端までの抵抗テスト」と呼ばれる追加のチェックがあります。これは、カートンの製造業者とユーザーにとって非常に便利です。カートンの両端の圧縮強度を測定し、箱が棚から落ちて端に着地した場合に箱入り製品が損傷する可能性がある典型的な状況での強度を示します。

このテストでカートンを滑らせずに保持するには、エッジを正しい長さで固定し、正しい角度で圧縮荷重を加えるためのカスタムフィクスチャが必要です。

同じ器具を使用して、箱を形成するのに必要な力と、形成されたカートンの最も重要な「スプリングバック」力を測定することもできます。

Mecmesinは、カスタム設計のVプロファイル圧縮バーを提供することにより、多くのクライアントのこれらの要件を満たしています。これらは、圧縮されるカートンの長さに沿って同じ角度のテストを保証するため、テスト時に最大の再現性を提供します。

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する