CRCキャップトルクテスト用の空気圧トップロード制御

14 June 2019

カスタマイズされたエンジニアリングの例

チャイルドレジスタンスボトルキャップの開放トルクをテストするには、安全メカニズムを克服するために同時に下向きの力を加える必要があります。この軸方向の下向きの力は、テストプロセス中に自重によって加えられます。

プロセスが自動化されている場合、テストシーケンスで自重を繰り返し上げ下げすることは、はるかに簡単、迅速、かつ安全です。私たちのクライアントは、オペレーターが手動で自重を持ち上げる手間を省きたいと考えていました。 Mecmesinは、クライアントのVortexトルクテストスタンドに適合した空気圧リフト機構を提供しました。新しい試験片をVortex試験機に挿入できるように自重を上げ、次にトルクヘッドと重りをキャップにスムーズに下げて試験の準備をしました。

プロセスを半自動化することにより、クライアントはバッチテストをより迅速に、より信頼性が高く、オペレーターが実行するための疲れを軽減することができました。

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する