ダイヤモンドエッジの研削および切削工具の破壊強度

19 November 2019

解決

  • 電動テストスタンドとデジタルフォースゲージ
  • 両方のカッティングホイールバリアント用のカスタムロケーティングフィクスチャ
  • 歯クランプ固定具

利点

  • さまざまなツールタイプを見つけるためのユニバーサルフィクスチャ
  • 迅速で再現性のあるエラーのないチェックのためのシンプルなコントロール

要件

高精度で高品位な加工を可能にするダイヤモンド工具は、自動車、IT、エレクトロニクスなどさまざまな産業で使用されています。ダイヤモンドまたはキュビット窒化ホウ素(cBN)エッジを備えた砥石と円形切削刃は、高度な材料技術を利用して、最適な性能と工具寿命を提供します。

アングルグラインダーと丸鋸の典型的なブレードは、さまざまなプロファイルの研磨剤が取り付けられた「連続リム」または「セグメント化リム」です。半導体ウェーハなどの困難な用途では、超微細ダイヤモンド研磨剤により超精密研削が可能です。レジンボンドホイールと比較した場合、ドレッシングなしではるかに低い研削力とより長い連続研削を提供します。

カッティングチップは通常、メインディスクにろう付けされます。この融合プロセス中に空気を含む気泡が生成されると、接合部が弱くなる可能性があります。研削ブレードとのこぎりのカッティングリムが激しい使用の要求に耐えるのに十分な強度を持っていることを確認することは、メーカーにとって重要な品質管理要件です。

解決

韓国、日本、ルクセンブルグの大手生産者は、さまざまな方法でブレードのリム強度をチェックするために、手頃な価格で信頼性の高い引張/圧縮テスターをメクメシンに求めています。

引張せん断試験では、各円形ブレードをユニバーサルホルダー内の中心に固定し、さまざまな直径のブレードが荷重軸から正確に100mmの位置に配置されるようにするテスト手順を確立しました。両方のタイプのブレードのリムを保持するために、幅75mmのグリップクランプが開発されました。 Advanced Force Gaugeを備えた電動テストスタンドは、一定の伸び率(CRE)で引張曲げ力を加え、結果の最適な再現性を確保しました。 MultiTestの「cycle-between」機能により、試験片の破壊損傷をチェックする前に、繰り返し数の荷重を加えることができました。サイクルフェーズ中に障害が発生した場合、ブレードからリムを破壊するための最大負荷がフォースゲージによってキャプチャされ、結果がRS232を介してPCにダウンロードされて後続のバッチ分析が行われます。

圧縮せん断での試験では、圧縮荷重をゆっくりと加えて、約2000Nの力で先端をせん断する試験手順を確立しました。

このシンプルなベンチトップテスターは、1日2シフトで作業するオペレーターの生産エリアとQCラボの両方での使用に理想的であることが証明されました。

試験装置

  • MultiTest2.5-dV電動テストスタンド
  • AFG 2500 N Advanced Digital Force Gauge、付属の延長ロッド/圧縮プローブ付き
  • 圧縮プローブ用の平らな着陸面を備えた調整可能なクランプカンチレバーフィクスチャ
  • ホイール試験片の位置を特定して交換するための特別な下部固定具
ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する