「スクイーズアンドツイスト」チャイルドレジスタンスキャップの取り外しトルク

16 May 2019

解決

  • 手動式デジタルトルクテスター
  • カスタム設計された調整可能なコンテナ穴あき器具

利点

  • シンプルで信頼性の高いテスト手順
  • 低コストのソリューションからの一貫した結果

要件

レキットベンキーザーは、独特のHDPE(高密度ポリエチレン)スワンネック「ハーピック」洗浄液ボトルのメーカーです。顧客が概説した仕様は、「ハーピック」洗浄液を含む2つの異なる白鳥の首のボトルサンプルに取り付けられたポリプロピレンチャイルドレジスタンスキャップを「ねじる」トルクをチェックすることでした。試験は、固定具を改造したミストラル閉鎖トルクテスターで実施することになっていた。

従来のクランプ方法を使用してサンプルを把持することはできませんでした。これは、サンプルをトランスデューサーの軸の中心から外して配置するためです。結果として生じるトルクの読み取りは不正確であり、トルクトランスデューサ自体への損傷はおそらくテストプロセス中にあったでしょう。

解決

サンプルのネックがトランスデューサーに対して軸方向になるように、ボトルを傾けて凹んだショルダーに配置しました。両方のボトルの長さと深さがわずかに異なるため、両方のサンプルを比較的同じ位置に配置するには、フィクスチャを調整可能にする必要がありました。

試験装置

ミストラルクロージャートルクテスター(OrbisとTornadoに取って代わられました)

変更されたコンテナホルダーの構成

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する