工業用液体容器ディスペンシングキャップの適用と除去力

16 May 2019

解決

  • スタンドリバースケーブル付き電動テスター
  • 表示用デジタルゲージ
  • キャップをプッシュリリースしてコンテナから引き出すためのカスタムフィクスチャ

利点

  • 革新的な設計を満たすための特注ソリューション
  • 使いやすいシステムで完全なテストサイクルを実行

要件

新しい設計のオイル缶から射出成形されたキャップの押し込み力と取り外し力を測定するシステムが必要でした。

キャップの革新的なデザインは、後ろに下向きの圧力を加えることによって開かれたので、前の部分を跳ね上げてオイルを注ぐことができました。プッシュオンテストとプルオフテストの両方を、フィクスチャーからオイル缶を取り外さずに完了する必要がありました。

解決

適用は比較的簡単でしたが、効果的に配置されていない場合、フォースゲージを損傷するリスクがありました。フォースゲージの特注の固定およびスタンドリバース機能は、より複雑なコンピューター制御システムを使用せずにアプリケーションを実行できることを意味しました。

テストは、缶を下部の固定具にスライドさせ、缶の首にかかっているキャップをゲージに取り付けられた自動調心スイベル固定具に配置することによって設定されました。この上部フィクスチャは、10%の負荷低下が検出されるまでキャップに押し下げられました。次に、ゲージメモリに圧縮最大値としてキャプチャされたプッシュオン力を使用して、ゲージの「ブレーク時の反転」機能が自動的にスタンドを駆動しました。その後の上部固定具延長バーとキャップの係合により、キャップの取り外し、ゲージ引張メモリへの引き抜き力の捕捉、およびテストの完了が可能になりました。

試験装置

  • UltraTest(MultiTest-dVシリーズに置き換えられました)
  • AFG 1000Nフォースゲージ
  • スタンドリバースケーブル
  • ロケーションフィクスチャ
  • キャップロード/アンロードフィクスチャ
ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する