プラスチックフィルム引張試験

16 May 2019

解決

  • モーター駆動のテストスタンド
  • デジタルゲージ
  • 薄い試験片用の特定のグリップ

利点

  • 簡単に実行できる繰り返し可能なテスト
  • 小さな足跡

要件

お客様は、ペットフードや菓子の包装用フィルムの包装に2層プラスチックフィルムを使用しています。彼らは、50mm幅のフィルムの2つの層を完全に引き裂かれるまで分解するのに必要な力を繰り返し測定するための費用効果が高くシンプルなシステムを探していました。タスクの重要な部分は、スリップすることなくプラスチックフィルムを保持するグリップを選択することでした。

解決

Mecmesinは、コンパクトなベンチマウント型の電動テストスタンドシステムを提供しました。これは、QCラボのスペースをほとんど占有しませんでした。 200 mm / minの固定速度で動作し、Advanced Force Gaugeのピークキャプチャ機能を使用して、加えられた最大張力を記録することにより、必要な結果の再現性を提供しました。バネ仕掛けのローラーグリップは、滑りを防ぎながらフィルムを損傷させないように十分なグリップ力でフィルムを保持するのに理想的でした。これにより、フィルムはグリップの内側ではなく、グリップの間で常に壊れることが保証されました。

試験装置

  • UltraTest電動テストスタンド(MultiTest-dVに置き換えられました)
  • アドバンストフォースゲージ500N
  • バネ仕掛けのローラーグリップのペア
ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する