ディスプレイ薄膜コーティング90度剥離試験

16 May 2019

解決

  • ソフトウェア制御の引張試験スタンド
  • 90度ピールテーブルフィクスチャー
  • ミニチュアバイスグリップ

利点

  • 研究目的のテストルーチンを作成する柔軟性
  • 連続比較のための反復可能なテスト手順
  • 詳細な分析のためのデータエクスポート

要件

ペイズリー大学の薄膜センターは、フレキシブルディスプレイの画期的な研究を行っており、フィルムとその基板の間の接着を分析する手段を必要としていました。

接着特性を定量化することで、良いサンプルと悪いサンプルの特性を特定できます。

解決

センターは、小さな力の測定の精度とテストパラメータの高度な制御のために、90度のアシストピールテーブルを備えたMecmesinコンピュータ制御テストシステムを選択して分析を実行しました。

ユーザーフレンドリーなEmperorソフトウェアにより、オペレーターは剥離速度などのさまざまなテストパラメーターを評価して、標準テストを開発できました。さまざまなテープを使用して薄膜を基板から引き出し、ソフトウェア内で結果を比較できました。最大および平均剥離力は自動的に計算され、レポートまたはExcelなどの他のソフトウェアパッケージで使用するためにエクスポートできます。

標準テストが開発されたら、合格基準と不合格基準をプログラムに追加して、新しいサンプルの品質を自動的に示すことができます。

試験装置

  • インペリアル2500コンピューター制御スタンド(MultiTest 2.5-iに取って代わられました)
  • 25Nインテリジェントロードセル
  • エンペラーソフトウェア
  • 90度アシストピールテーブル
  • ミニチュアバイスグリップ
ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する