射出成形アセンブリの完全性

14 June 2019

カスタマイズされたエンジニアリングの例

プラスチック射出成形サブアセンブリは、クリップまたは溶接されることが多く、全体の完全性をいくつかのポイントでテストする必要があります。ただし、それらの形状により、保持が非常に困難になる可能性がありますが、プルテストを実行するために握ることができる場所にアクセスできます。

私たちのクライアントは、オペレーターが引張試験をすばやく簡単に行えるようにするために、完全なカスタムフィクスチャソリューションを必要としていました。

Mecmesinのエンジニアは、プラスチックアセンブリが挿入されるプロファイルされたネストと保持プレートを設計しました。 XYテーブルを使用すると、フォースゲージの下にテストサンプルを正確に配置して、軸方向の引っ張りを作成できます。最後に、交換可能なフックの範囲が開口部を通過し、アセンブリのエッジに係合するように作成されました。

これにより、定義された一連のプルオフテストを、バッチテスト用の多数のサンプルにわたって一貫して行うことができました。

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する