皮下注射針の鋭さ試験

14 June 2019

カスタマイズされたエンジニアリングの例

皮下注射針は、そのデザインが皮膚への挿入のしやすさ、患者の痛み、皮膚の外傷にどのように影響するかを判断するためにテストされます。さらに、それらは、バイアル上のエラストマークロージャーを貫通する際のそれらの有効性を決定するためにテストされます。

鋭さは、皮膚を厳密に複製する既知の媒体(ポリウレタンゴムなど)への針の貫通力を測定することによって決定されます。

均一な厚さの膜は一定の張力下に保持され、多くのテストを実行できるように再配置できます。 Mecmesinは、多くのクライアントのために、さまざまな皮下注射針アセンブリを保持し、侵入テスト用の開口部にゴム媒体を伸ばすためのカスタムフィクスチャを設計および製造しています。

固定具の重要な側面は、テスト中に針が曲がらないようにし、提示角度が常に一定であることを確認することです。

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する