列車のドアの安全オーバーライドテスト

27 June 2019

カスタマイズされたエンジニアリングの例

英国の列車の運転士は、開閉時に障害物を検出する際にキャリッジの引き戸がどの程度敏感であるかをテストする方法を必要としていました。彼らはすでにドアを調整する方法を持っていましたが、既存のテストブラケットに干渉することなく、ドアが開位置または閉位置で失速したときに作用する力を測定する必要がありました。

Mecmesinでは、4つのクイックリリース吸盤でドアに取り付けられたデジタルアドバンストフォースゲージを保持するためのスライドブラケットを考案しました。開いたドアの隙間を横切って配置すると、ドアを開いて再設置するのに必要な力を測定できるため、ドアメカニズムの迅速な再調整と再測定が可能になります。

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する