化粧品ブリキラベルピール

14 June 2019

カスタマイズされたエンジニアリングの例

ポストプロダクション段階で貼付された包装ラベルの粘着剥離強度をテストすることは、ラベル製造段階よりもそれらの性能をよりよく表しています。これは、動作環境に起因するコンテナ表面への堆積物の影響によるものです。

小さな金属製の容器などの製造後のパッケージは、特に表面が非常に滑らかで輪郭があり、つかむ表面積が少ない場合、剥離テスト時に保持するのが難しい場合があります。

私たちのクライアントは、小さなブリキの蓋に貼られたラベルに対して90度の剥離テストを実行する必要がありました。彼らは、FINATFTM2およびASTMD6252に記載されている方法に基づいてテストを行うことを望んでいました。 Mecmesinは、歪みなしにスズを周囲に保持するための専用のカスタムグリップを設計しました。この固定具は「移動テーブルピールジグ」に取り付けられ、ピール角度が必要な90度に維持されるようにしました。これにより、真に再現性のあるテストのために毎回正しい位置合わせが保証されました。

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する