ボックスクラッシュテスト(BCT)およびトランジットパッケージ圧縮テスト

22 December 2020

カスタマイズされたエンジニアリングの例

消費者および輸送用包装業界向けのボックスは、内容物を収容および保護するための堅牢性を維持しながら、可能な限り軽量である必要があります。また、サービス中の出荷、取り扱い、および積み重ねの要件に耐える強度も備えている必要があります。

コルゲーションを使用すると、紙やカードの包装材料に剛性が加わり、ボックスクラッシュテスト(BCT)と関連エッジ(ECT)およびスタッキングクラッシュテストなど、いくつかのクラッシュテスト基準で圧縮テストが行われます。

輸送用パッケージは特に移動中にさまざまな積載を受ける可能性があるため、サプライヤは特定の顧客のニーズに合わせて変更されたテストを必要とする場合もあります。

ボックス圧縮テストの国際的な業界品質保証手順では、故障のパターンに従うためにセルフレベリング圧縮プレートが必要になる場合があります。または、一部の規格では、この要件を満たすためにアッパーのみを球形に回転させる必要があると規定されています。

他の規格では、ボックスの反対側(またはコーナー)に荷重をかけるときの剛性のある圧縮プレートが示されています。

BCTテストでは、ボックスを一定の速度で公称圧縮荷重まで、またはコンテナが崩壊するまで荷重します。

社内テストでは、カスタムフィクスチャを使用して、エッジから反対側のエッジなどの固有のクラッシュ状況でボックスをロードする場合があります。

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する