調整可能な眼鏡トルクテスト

14 June 2019

カスタマイズされたエンジニアリングの例

Adlensはアダプティブ眼鏡レンズを製造しており、サイドダイヤルで屈折力を調整してから取り外します。他のテストの中でも、スムーズな走行と一貫性をテストするために、ダイヤルの破壊までの走行トルクと回転を測定する必要がありました。このような低トルクテストの重要な要素は、欠陥を検出するための同心円状の位置合わせです。

Emperorソフトウェアを搭載したVortex-iトルクテスターには、レンズピースをサポートするカスタムフィクスチャが取り付けられ、カスタム成形されたマンドレルが調整ダイヤルにかみ合っていました。フィクスチャペアにより、正確な位置合わせ、繰り返し可能なテスト、およびダイヤル回転品質の詳細な検査のための調整が可能になりました。

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する