閉鎖トルクの検証

16 May 2019

解決

  • キャリブレーションウェイトとトルクセルチェックリグ

利点

  • トルク計の校正状態の社内監視

要件

顧客は多数のトルネード閉鎖トルクテスターを持っていて、ユニットをメクメシンまたは承認された研究所に返却する必要なしに定期的な検証チェックを実行したいと考えていました。

解決

クロージャーテスターは垂直面にしっかりと取り付けられ、ロードビームはユニバーサルクランプフィクスチャーの中央に配置されました。ロードビームには、トランスデューサーの軸の両側に等間隔に配置された5つのフックがありました。クランプ固定具の中央の親ねじから離れた位置にあるロードビームは、集中化を確実にしました。次に、校正された質量をロードビームに沿ったさまざまな位置に吊るし、表示されたトルクの読み取り値を安定させました。

この方法では、時計回りと反時計回りの両方向に5点チェックキャリブレーションが提供され、ユニットの位置を変えることなくすべてが可能でした。

試験装置

ソリューション、価格設定、サポートについては、お住まいの国のMecmesin担当者にご相談ください

このシステムについて質問がありますか?今すぐ連絡を取り、テクニカルセールスエンジニアの1人に相談してください...

専門家に相談する